日邦電機株式会社は製品の企画段階から関係部門が参画し、オープン化された情報を基に同時進行で開発を進めることで、お客様のニーズ(E-環境・Q-品質・C-コスト・D-納期)への対応を図っております。また、各ステップにおいて決められたDRを管理ポイントとして運用を行っております。これにより品質の維持、改善のスピードUPを実現しております。

品質保証対系図

日邦電機は常に高品質な製品をお客様にお届けするため、製造工程を管理しております。

日本の製造業を取り巻く環境は、消費者ニーズの多様化・製品の海外移転・環境保護・製品開発競争激化等日々変化しています。これらの変化に素早く対応するため、日邦電機は製品企画・お客様の開発依頼に対し、設計から試作・量産化までを一貫してお引き受けしております。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

生産体制においては、素材加工から完成品の組み立てまで一貫生産を行い、主要部品を社内生産する事で『リードタイムの短縮』、また設計・加工・組立のノウハウを共有し必要に応じて後行程からの改善要求を前行程へ素早くフィードバックすることで『品質の安定』を実現しております。

開発の5S

『生産の基本は5Sから』(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を合言葉に、お客様のニーズ(QCD)にお応えするために、全社一丸となって積極的に改善活動を行っております。

65年の歴史

日邦電機株式会社は、1954年の設立以来、精密小型メーカとしてマイクロモータ、ギヤヘッド及びその周辺機器等の開発・製造を行ってまいりました。50年以上にわたり、常に最先端の技術と高品質な製品を提供することで、国内のみならず海外のお客様からも高い評価を得ております。

開発に関しては、お客様の設計者との共同の歩み寄りにより、お客様の要望にお応えしております。中でも、長年培ってきた豊富な経験とマイクロモータに関する独自ノウハウを活かしたオーダーメイドの製品開発とカスタマイズを得意としております。

製造にあたっては「少量多品種短納期生産」を実現するために、一個流し生産等により効率化を図りつつ、さらなる品質の維持向上の強化に努めております。